JTU東北ブロック協議会

第22回日本トライアスロン選手権(2016/東京港)
東北ブロック代表選手選考について
男子・・・7月の七ヶ浜での日本スプリント選手権・酒田大会
女子・・・7月の七ヶ浜での日本スプリント選手権・8月猪苗代
の上記大会の結果、以下男女各2名を10月9日(日)の日本トライアスロン選手権(東京港)の東北ブロック代表選手として選出しました。
 
男子・・・小関 優允 選手    長谷川 健 選手
女子・・・西牧 純 選手     細川 久実子 選手
 
以下選考基準
 
 《東北ブロック代表選手選考基準》
東北ブロック代表としての選手選考であり、下記基準に則りJTU東北ブロック協議会(以下、JTU東北)強化委員会が選手を推薦し、JTU東北理事会が議決して、JTU東北理事長が承認するものである。
 
<出場枠>
男女各2名
 
<出場条件と資格>(年齢20161231日現在18歳以上の者)
条件)2016JTU認定記録会に参加し、スイムとランを測定した選手
資格)2016年東北ブロック各県JTU登録会員および東北ブロック学連登録選手
 
<選考基準(優先順位)>
1)13回日本スプリントトライアスロン選手権(2016/仙台)に於いて、上記資格者の内最上位の選手男女各1
2)強化委員会推薦男女各1名
上記大会と下記の男女各大会の成績とレース内容およびJTU認定記録会から日本選手権でスイムを上位で上がることができる選手を選考し、強化委員会が推薦する。
男子:東北選手権(みなと酒田トライアスロンおしんレース) 
女子:東北女子選手権(うつくしまトライアスロンinあいづレース) 
   
(備考1) 選考優先は、東北ブロック各県JTU登録会員とし、東北学連登録の選手も基準を突破した場合は選考の対象となる。ただし、学連登録者は男女各1名のみとする。
 
(備考2) 選考基準大会に出場し権利を得た選手が、ジャパンランキングより選出された場合は、ロールダウンされる。
 
(備考3) 選考基準大会が天候等何らかの理由でデュアスロン等に変更になった場合は、参考大会とし、レース内容と認定記録会の記録を参考にし、強化委員会が選手を選考し推薦する。
 
JTU東北ブロック協議会 2016311日発表


青森県トライアスロン協会
秋田県トライアスロン協会
岩手県トライアスロン協会
宮城県トライアスロン協会
山形県トライアスロン協会
福島県トライアスロン協会
日本トライアスロン連合
 
役員構成